熱硬化性樹脂(フェノール樹脂、不飽和ポリエステル樹脂)の圧縮成形・加工・仕上げ

熱硬化性樹脂成形ファイブ・ワン お電話でのお問合せはこちらから

職人の手仕事だからこそできるものづくり

(有)ファイブ・ワンは、熱硬化性樹脂の圧縮成形・加工を専門としています。
中でも、複雑なばらし型を用いたハンドモールドを得意とする成形屋です。


ファイブ・ワンの強み

→”ファイブ・ワンの強み”へ

熱硬化性樹脂とは

熱硬化性樹脂成形材料 熱硬化性樹脂(熱硬化性プラスチック)は一度熱を加えて成形すると再び熱を加えても形を変えることのない樹脂です。フェノール樹脂をはじめとした熱硬化性樹脂で作られた製品は、高い電気絶縁性、高い強度が必要な産業機械、電機、鉄道車両などで使われています。
→”熱硬化性樹脂とは”へ

圧縮成形とばらし型(割型)

圧縮成形とばらし型 圧縮成形(直圧成形、コンプレッション成形)は、最も基本的なプラスチックの成形方法で、”少量生産に向いてる”、”金型の製作費用が安価である”などの利点があります。また、圧縮成形品は高い機械的強度を持つことで知られています。
→”圧縮成形とばらし型”へ

成形加工品事例

成形加工品事例ファイブ・ワンでは、熱硬化性樹脂成形品の少量多品種生産に特化した生産体制を取り、協力会社との連携で金型設計・製作、成形、加工、バリ仕上げ、表面処理を一貫して行っています。
→”成形加工品事例”へ

主要設備

主要設備出力37t〜150tの成形機で、10mm〜300mmの様々なサイズの成形品を生産しています。また、サンドブラスト、旋盤、卓上ボール盤、卓上フライス、恒温乾燥機、成形材料保冷庫など保有しています。
→”主要設備”へ

お問合せ・見積依頼

お問合せ・見積依頼お見積りのご依頼や熱硬化性樹脂の圧縮成形、加工、仕上げなどでお困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。
→”お問合せ・見積依頼”へ